塗装ブース清掃

サービス概要

大阪府吹田市の小野商店では、各種塗装ブース(水洗・乾式・オイル)、乾燥炉、給排気ダクト・ファン・ピットの清掃、ビニール養生交換、前処理設備の化成配管・ライザー管の清掃等を行います。

ブース清掃をする「目的」と「メリット」

① 塗装品質を一定に保つことができます。

ブース内に余分な塗料ミストが充満しすぎると、塗装対象物に再付着してしまう結果となります。すると塗装品質が下がってしまいます。

② 排気不良の防止

排気塔内や、エリミネーター、ベンチュリー部へ、塗料カスが堆積することにより、排気効率が悪化するため、排気風速が不足してしまい、製品や壁面、等に塗料ミストが付着してしまいます。

 

③ 屋外への塗料放出を最小限にする

エリミネータによって、十分に塗料カスが除去できないと、排気ダクトを通じて塗料を屋外へ放出する原因となる。大気中への有害物質の拡散放出を、最大限減らす必要があります。

 

④ 排気ファンの排気性能を保つ

エリミネータによって、塗料カスが十分に除去できないと、排気ファンに多量の塗料カスが付着します。その結果、効率の悪化を招き、モーターの過負荷、電気代増の原因になります。

また、塗料カスがファンに付着することにより回転バランスが狂うと、振動が発生し、ブース全体にダメージを及ぼします。

⑤ 排気塔内、及び、エリミネーターの塗料カス除去性能を保つ

エリミネータに付着した塗料カスを除去せず放置すると、塗料カスの重みで変形したり、エリミネーターの設置角度が変わってしまいます。

その結果、塗料カスを十分に除去できなくなってしまいます。

また、老朽化による 錆等の影響で破損してしまうと、再度作成するのに、費用がかかります。

 

⑥ ダクトの排気性能と火災を防ぐ

エリミネータでは、塗料カスを完全に除去することはできず、ダクトには少しずつ塗料カスが蓄積していきます。

ダクトに付着した塗料カスは、排気効率や省エネの妨げになるばかりでなく、発火の危険があるため、塗装ブースおよび設備・工場全体に、ダクトを通じて延焼火災を引き起こす原因になります。

効率改善や、省エネ、環境への配慮だけでなく、なにより大切な設備を火災から守るためにも、定期的に清掃を行う、ブースメンテナンスが必要となります。

このように、「製品の品質を保つため」と、「塗装設備の性能を保つため」に、ブースの定期清掃・定期メンテナンスが必要となります。

最後に

私たちは、さまざまな塗装ブースの清掃業務を担っております。

工場の工員様で掃除をされる事が増えてはおられますが、是非ともプロにお任せ下さい。らくらく、隅々まで綺麗に致します。

現場下見をさせて頂ければ即御見積いたします。弊社、熟練スタッフによる作業には評価を頂いております。どうぞ見積依頼お待ちしております。

電話番号2020.jpg

株式会社小野商店
〒564-0011
大阪府吹田市岸部南2-1-5 岡宮ビル1階
TEL. 06-6382-8006(代表)

FAX. 06-6382-6885

info@ono-sanpai.co.jp

関連サイト:小野サービス

  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

Designed by kg

小野商店